初級編!FXの専門用語の解説

業者選びの際に必要となる専門用語


FX取引を行う場合は、ある程度の専門用語を知っておく方が良いです。専門家の様な深い知識を持っておく必要はありませんが、取引をする上で様々なWEBサイトや本を参考にする為にも基本的な知識は必要となります。 まずFX取引を始めるにあたって業者を選ぶ必要がありますが、その業者選びの際に必要となる専門用語があります。業者選びの際に知っておきたい用語の一つにスプレッドがあります。スプレッドとは買値と売値の差額のことを指しており、この差額が狭い方が利用者にとっては良いです。 また約定力も業者選びの際には重要となります。約定力は自分が注文を出した値で注文が成立するか否かという基準になります。約定力が低ければ、自分が注文を出した値とはかけ離れた値で注文が成立してしまう恐れがあります。



取引の際に必要となる専門用語


口座開設をして取引を実行する段階で知っておきたい専門用語もあります。まず最初は証拠金です。この証拠金が無ければ取引を行うことが出来ません。口座に一定額以上の証拠金を入金して、初めてFX取引を行うことが可能となります。 次にFX取引で最も重要となるキーワードのレバレッジを理解しておく必要があります。最初に入金した証拠金に対してレバレッジを掛けて取引を行いますので、証拠金以上の通貨を売買することがFX取引では可能です。 またFX取引では各業者によって取引単位が設定されています。取引単位とは取引に必要となる最低限の単位を表したものであり、以前は取引単位を1万通貨単位に設定している業者が多かったですが、最近では1,000通貨や100通貨あるいは1通貨で取引が可能な業者も出てきております。