失敗しないFXの始め方

まずは小額から始めてみる


FXはレバレッジをかけることができる金融商品です。レバレッジというのはいわゆる倍率のことで、元手の何倍の取引をするのかが自分で決められるわけです。初心者のうちは、できるだけ小額の元手で、しかもレバレッジを低めにしてやってみるのが正解です。小額ならすべて失ったとしてもダメージは少ないですから、大きな失敗にはなりえません。とくに余ったお金でやるなら、生活に影響が及ぶことも避けられます。 まず最初は、大きな失敗をしないようにとにかく余ったお金で、レバレッジは低くして経験を積むのがいいでしょう。ただ、レバレッジが一倍ですとそれは外貨預金と同じだということになってしまいますから、二倍か三倍程度にしておくのがいいです。



徹底的にセオリーを調べてから始める


FXで失敗をしないためには、取引の方法から世界の経済情勢に至るまで、しっかりと勉強しておくのがいいでしょう。株もそうですが、FXにも先人たちが築きあげてきたセオリーというものがあります。ある程度の傾向でしたら、勉強をすれば相場から判断ができます。何も分からないまま戦っては必敗に決まっていますから、とにかく知識を溜め込んで勝つ確率を少しでも上げるのが一番です。 株やFXの本は、巷にたくさんあり、どれも大切なことが書かれています。むさぼるようにしてそれらの書籍を読みあさり、また、ネット上ででも参考になるブログ等があるので、チェックしておくのがいいでしょう。経済情報やニュースにもしっかりと目を通しておいて、いろいろなことに詳しくなるのが負けない方法となります。