FXをうまくやっていくためには?

利食いと損切り幅をコントロール


FXで資産を増やすにはコツがあります。まず、利益と損切り幅をコントロールする事で資産を増やしていけるといっていいでしょう。もし、利益より損切り幅が多いといずれ資産を割り込んでしまいますし、最悪退場になってしまいます。理想の利益と損切り幅は2~3対1と言われています。 エントリーする時に利食いより損切り幅が大きくなる場合は見送るなど一定のルールを決める事で取引に磨きが掛かります。ですから、今、勝率は高いのに資産が増えていない人は一度、取引履歴で利益と損切り幅を調べてみるといいでしょう。FXは様々なテクニックを学ぶ事も大切ですが、損小利大の取引が一番大切です。利益を伸ばせる時にはとことん引っ張る、利食いを我慢するクセを身につけます。



メンタルの強化で勝ち組になれる


次にFXでうまくやっていくためにはメンタルを強化する事です。FXの取引経験が長くなるとテクニカル手法を極めるよりもメンタルを鍛える方が難しいと分かります。FXには無数の取引手法があり、裁量でもルールを決めて取引されているトレーダーがほとんどです。マイルールを破ってしまう事なんて簡単なのでいかに規律を守り続けていけるかがFXで生き残るコツでもあります。 特にFX初心者は損失は先伸ばし、利益が出ているとすぐに確定したい気持ちになってしまいます。このような感情をコントロールできるようになると徐々に資産が増えていくでしょう。また、初心者は規律を守る事は難しく感じるので、紙に書き留めておいて取引中見える場所に貼っておくのもお勧めです。